2018年4月20日 2860号

 

メットライフ 外貨建て終身保険の現状

 

直販ショップでも伸び始める

平準払い 30代が4割、女性8割は有職者

 

メットライフ生命のドル建て終身保険「ドルスマート」(平準払い)が好調だ。2017年(1〜12月)の販売実績は15万5241件。これを年代別に見ると、30代が約4割を占め最も多い。

 

30代=6万422件(38.9%)

20代=3万8859件(25.0%)

40代=3万1686件(20.4%)

50代=1万4152件(9.1%)

60代以上=6086件(3.9%)

20代未満=4036件(2.6%)

 

男女比では男性57%、女性43%。女性の特徴として、8割の人が仕事を持っているという。

 

平均ANPは285万円、平均保険金額は792万円。「月々2万円以上を支払っており、高単価の平準払の商品だ」と籾井康弘ライフ商品開発マネジメント統括部AVP統括部長(=写真上)。また、払込方法では月払いが71.9%と高い。「理由はタイミングの分散によるリスク低減を重視していることが、このデータから見える」。

 

同社は2015年度下期から、戦略的に円建てから外貨建てに大きく舵を切り、外貨建てを積極的に提案するために販売研修に力を入れ『外貨リテラシー向上』というキャンペーンでは、世界を味方につけると、保険はもっと強くなる」と訴えかけた。

 

その結果、ドル建て終身の新契約ANPは、2015年の187億円から2016年の338億円、2017年には444億円と大幅に増加。

 

円建て終身からのシフトもうまく進み、円建て終身の実績は2015年には320億円だったが2016年には100億円に激減した。

なお「ドルスマート」の累計販売実績は1999年から2017年までで、71万7000件、ANPは2503億円となっている。

 

商品力、継続的な営業フォローが鍵

 

外貨建て一時払終身も好調だ。「サニーガーデンEX」(積立利率変動型、米ドル、豪ドル)は2015年5月の発売。「ビーウィズユープラス」は2016年8月の発売で、一時払保険料相当額の死亡保険金は定額部分で保証し、変額部分(特別勘定)への投入比率を高め、積極運用を行う「保障&運用コース」と、保障を上乗せする「保障重視コース」の2コースがある。

 

外貨建て一時払いの銀行窓販シェアは「2プラス1」と言われる。トップ2は第一フロンティア生命と三井住友海上プライマリー生命、それにメットライフ生命が迫るという構図だ。一時的に4位に落ちたこともあるが、ここ数年間は3位の位置を維持。

 

生稲隆リタイアメント商品開発マネジメント統括部AVP統括部長(=写真下)は4位に落ちた時の状況をこう語る。

 

「昨年4月、円建ての低料が続いたときに、一斉に国内生保が外貨建てマーケットに参入し、大手に抜かれたが、今また大手が落ちてきている。新商品効果で一時的に増えるが、それを維持することは非常に難しい。商品ラインナップ、リスク管理に基づいた運用力、継続的な営業フォローなど中長期的にはそのような競争力が必要になる」

 

第一フロンティア生命と三井住友海上プライマリー生命はほとんど銀行でしか販売していないが、メットライフ生命では、他のチャネルでも外貨建て一時払いがよく売れている。

 

「ビーウィズユープラス」のチャネル別の加入者状況(2016年9月〜2018年1月)をみると、銀行は「60〜80代」が8割と非常に多い。

これに対して、個人代理店とコンサルタント(同社の直販)は「40〜60代」が50%を超え、40代でも500万円、600万円の保険料となっている。保険ショップは「30〜50代」が75%。

 

「年齢層によってチャネルがこれだけ違う。直近、銀行以外の販売が伸び、銀行と比べてもかなり多くの件数を販売をしている」と生稲部長。

 

銀行窓販一時払い  6兆円、外貨は4兆円に拡大

 

Q 銀行窓販の一時払マーケット規模は6兆円で、外貨建て3兆円、円建て3兆円という数字を昨年挙げていたが、変化はあるか。

生稲 トータルで6兆円は変わっていない。ただ、円建ての低料や一時払いが売り止めになったので、円建ては激減している。その中で4兆円超が外貨、残りが円建てになっている。

銀行窓販はある程度の形で成長してきたので、これからも10%増で伸びていくとは考えていない。緩慢な成長になる。外貨建てのニーズが拡大することによって、外貨建て全体のマーケットが伸びていくのだろう。

 

Q 銀行以外のチャネルの拡大はどう予測する か。

生稲 2016年の実績は銀行が6割強、残りが個人代理店、コンサルタント、保険ショップなのでとても大きくなっている。コンサルタントも外貨を持つ意味を理解してきているし、保険ショップ、代理店でも今後数年間は銀行以上の伸びがあるかもしれない。

籾井 平準払いは2016年以降、保険ショップで5倍ぐらいの急激な伸びを示しているところもある。拡大傾向にあるのが現状だ。

 

Q 外貨リテラシー向上キャンペーンは継続しているか。

生稲 外貨建てを提案するベースの部分なので、変えずに訴え続けている。

籾井 お客さまからコールセンターにも直接問い合わせが入っているほど、顧客対象は徐々に広がっている。

 

Q 外貨建て一時払いの3商品ごとの実績は。

生稲 「サニーガーデンEX」が7割のシェアを占め、残りの3割が「ビーウィズユープラス」の二タイプになる。

 

2面 保険流通

 

大型代理店の屋台骨支える研修と教育

Gift Your Life ㈱  代表取締役  豊福公平氏

 

インタビューの中で「人は温かいものですから」と何度となく繰り返した。人との出会い、人との繋がりを大事にする経営から顧客と保険募集人を育てる仕組みを築き、業績も陣容も伸ばす。

 

3面 マーケティング

 

新・消費者心理を探る  26

ニッセイ基礎研究所 井上智紀

 

世帯規模の縮小も進み、離別・死別に伴う高齢女性を中心とした単身世帯が急速に増加している。そこで、単身世帯を含めた、いわば真の世帯加入率の概算を試してみよう。

 

5面 顧客対応

 

顧客対応の実践的ポイント

⑺法人契約の対応について

保険手続研究室 代表 三上祐人

 

決算日が3月31日なのに、役員の医務診査が3月末になってしまうと、結果の出るのが4月となり、特別保険料が付いた場合、特別保険料の支払いが4月となります。果たして決算対策として有効なのか。

 

6面 法人開拓

 

法人営業のABC 227

エンディング・ノート活用法㉑

税理士 池谷和久

 

「家族信託」を行うためには「信託契約書」を作成する必要があります。これはあらゆる角度から対応できるように作成しますが、全てのケースを想定することは至難の業です。その対策は……。

 

7面 社会保障

 

社会保障なんでも相談センター

障害者雇用納付金と調整金・報奨金制度について

社会保険労務士 園部喜美春

 

「障害者の雇用の促進等に関する法律」があり、事業主は、常時雇用している労働者数の「2%以上」の障害者を、雇用しなければならないものとされていますが、4月から「2.2%以上」になります。

 

8〜9販売支援

 

コミュニケーション・ツール

職業・産業別人口動態からライフプランニング

 

厚生労働省は3月2日、5年に1度ずつ作成している「人口動態職業・産業別の概況」を公表しました。今回はその中から「死亡」について取り上げ、管理職の死亡率の高さに注目していきます。

 

10面 新商品

 

日本生命

「特定重度疾病保障保険」

 

「ニッセイみらいのカタチ」13番目の商品で、愛称は「だい杖ぶ」。6つの生活習慣病と臓器移植を保障する。また、健康取り組みにより「歩いて貯めるマイル」などの生活習慣病予防に向けた新サービスも開始した。

 

15面 孤独死

 

日本少額短期保険協会

第3回「孤独死現状レポート」

 

日本少額短期保険協会は、「孤独死現状レポート」を発表した。「孤独死保険」を販売している少短会社18社の協力によるこのレポートからは「孤独死」が独居高齢者に特有のものではないことがわかる。

 

 

制作 株式会社保険社 保険情報・ネットソリューション・チーム

住所 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-2-8 サンユースビル2 4階

電話 03-3317-0391

 

メール webs2@hoken■.com (■をshaに替えて送信してください)

○掲載内容の複写などにつきまして

 当ウェブサイトのコンテンツを無断で複写等することはできません。

○ 掲載内容につきまして

 当ウェブサイトの掲載内容は精査をしていますが、これを保証するものではありません。

 ○個人情報の取り扱いにつきまして

 当ウェブサイトを通じて取得した個人情報は厳重に管理し、当社からの連絡・通知以外の用途以外には使用しません。

 

→プライバシーポリシーについて

 Copyright 2016 Hokensha. All Rights Reserved.